Today's Hot Topics

Advertisement

Bitcoin Marketsは平たいかも、ベア・マーケットはクリプトローンを止めることができません

私たちがベア・マーケットの真っ只中にいるのは秘密ではありません。 この間、最大の暗号通貨が現時点で超低価格に乗っていることを考えると、ベアは彼らの暗号を保持し、それらを自分自身に保持しています。 一般的に言えば、弱気相場はマイナスの価格変動を意味します。暗号は実際にはお金をかけていないため、どのような価値も生み出すことができないため、少しフラットな投資になります。 弱気市場は暗号通貨 交換も、マイニングも業界の他の側面に影響を与えました。マイニングの会社はお金を失いて、サービスに対する需要の減少の結果として、取引所は苦戦し始めています。これは永遠に続くわけではないことに注意してください。 強気のリターンは暗号通貨 が回復する可能性があるの原因です。これがいつ起こるのか、あるいはどの程度の規模で起こるのかもわからないです。 BTCManagerによると、最近の弱気相場からマイナスの影響を受けたことがないと思われる業界の1つは、クリプトローン業界の業界です。 Genesis Global Tradingはかつてそのような暗号通貨融資会社で、最近2018年の最終四半期にどれほど成功したかを示すレポートを発表しました。その間に市場は多数の連続した不振を見ました。 BTCManagerによると: 「Genesis Global Tradingは1月30日で「デジタル資産貸付スナップショット」を発表しました。そこでは2018年第4四半期にローンの組成が5億ドルから合計11億1300万ドルへと倍増しました。 クリプト貸付会社は「クリプトヘッジファンド」を利用した新しいクリプトヘッジファンドおよびトレーディングハウジングへの借り入れの急増に起因しています。」 GenesisのCEOMichael MoroはGenesisから見た最近の成功について言われた。 「貸付事業の力強い成長に非常に満足しており...

Read More

3,000カートンのオレンジはブロックチェーンを介して追跡されました

今月を始めて、IBMはブロックチェーン の技術を使って中国からシンガポールへのマンダリンオレンジの出荷を追跡の試行ができましたことを発表しました。 2月5日の中国の新年のお祝いに先立って、総重量28トンのマンダリンオレンジ(108,000個の果物)を含む3,000カートンが納入されました -  IBMが説明したように、マンダリンオレンジは繁栄の象徴です。主な出荷書類と船荷証券はブロックチェーンに記録されていました。 この文書は製品の領収書および出荷契約として商品の所有権を証明するものです。普通は貿易金融を提供する銀行を含む、出荷に関与するすべての関係者に郵送されます。パイロットテストでは、 「IBMは電子船荷証券(e-BL)を作成しました。文書フローが自動化されるにつれて管理プロセスを「わずか1秒に」短縮し、スピードアップするのに役立ちました。 標準的な紙ベースの手順は5〜7日かかってと会社が断言しました。」 プレスリリースでは果物輸入の会社Hupcoの会長兼最高経営責任者(CEO)Tay Khiam Backはそう言った: 「e-BLを使って大幅なコスト削減を実現しながら、出荷プロセス全体をどのように簡素化し、透明性を高めることができることになりました。」 コスト 文書の処理にかかる時間を節約するだけでなく、IBMはパイロットでもあることを示したことを言いました ブロックチェーンベースの電子システムは、港での収集を待つために冷蔵貨物コンテナに使用される電力、保管コストなどの運用コストを削減します。 これに加えて、情報の取り扱いを改善し、出荷スペースの記録を追跡可能で改ざん防止された形で保管することもできました。CoinDesk によって、この業界では文書詐欺が全詐欺の約40%を占めると報告しています。 プレスリリースでPacific International Lines事...

Read More

セキュリティトークンはNasdaqの暗号通貨市場のゲートウェイですか?

Symbiontというブロックチェーン技術を資本市場で使用してスマート契約と分散型元帳を開発している会社は、最近Nasdaqが主導している総額2,000万ドルの資金調達の成功ラウンドを発表しました。両社は準拠したセキュリティトークンを米国に持ち込むために提携しました。Nasdaqがブロックチェーンベースのアセットの分野に急速に移行している1つの方法です。 パートナーシップ 過去12ヶ月間に、私たちは暗号通貨業界で最悪の弱気市場の1つを見てきました。 2018年中の規制当局の執行の増加に伴い、物事のICO側は、ほんの少しの間、気が狂いました。 ICOフェーズが始まってすぐに終わったにもかかわらず、セキュリティトークンはその役割を果たすために滑り込みました。特にNasdaqのブロックチェーン分野への関与が高まっている現在の市場の雰囲気は、とにかく示唆しているようです。 スマート証券 ブロックチェーンのスタートアップであるSymbiontは最近、Nasdaq Venturesが主導するシリーズBラウンドで2000万ドルの資金調達を発表した。 両者の関係が明るみに出たとき、これは多くの人にとってそれほど驚きではなかったニュースです。両社はすでに、米国内で規制に準拠したセキュリティトークンを提供することを目的とした新しいプラットフォームを開発するために協力しています。 それにもかかわらず、SymbiontはNasdaqがブロックチェーンの世界に参入するわけではありません。 ナスダックを動力とする取引所、DX.Exchangeはテスラ、アップルそしてフェイスブックのようなハイテク巨人の既存の株をトークン化したとされる。彼らは、分散元帳技術の恩恵を受けて購入および譲渡できる、トークン化された所有形態を作り出しました。その間、実際の株式はDX.Exchangeが所有する安全なアカウントに残ります。...

Read More

ビットコイン開発者は2018年の最も重要な技術開発話し合います

週末にラスベガスで開かれたUnconfiscatable会議の最も興味深い部分の1つは、プログラミングブロックチェーンの講師Jimmy Songによってモデレートされ、応用暗号化コンサルタントのPeter Todd、 Mempool Partnersの創設者Johnny DilleyとBraiins SystemsのCEO Jan Čapekが主催した。 パネルディスカッションの始めに、Songは参加者に2018年の最も重要な技術的なビットコイン開発についての考えを尋ねました。 MimbleWimbleかLightning Networkか? Dilleyはこの質問に最初に答えて、MimbleWimbleは2018年から自分の好みの技術的な改善として「私はおそらくMimbleWimbleを言うだろう」Dilleyを述べました。 「それは、難読化転送の適用暗号方式ではかなり大幅な改善だ。」Čapekについてライトニングネットワークは2018年にビットコインのための最も重要な技術的な話でした。 「SegWitが承認されると、ついにLightning Networkが可能になりました。LightningNetworkのメインネットが見えました」Čapekと言います。 MimbleWimbleは過大評価されていますか? ToddはČapekのLightning Networkの選択に同意し、MimbleWimbleが提供できるスケーラビリティの向上に関してMimbleWimbleを「少し過大評価されている」と見なしています。 「それは最終的には依然としてビットコインと同じスケーラビリティを持っています。」Toddと述べました。 「それはあなたの一定の要因を改善しますが、基本的にそれが働くことになることになっている方法はビットコインに非常によく似そうになるでしょう。」 ToddはさらにMimbleWimbleベースの暗号通貨ネットワークにおけるトランザクションカーネル の役割について議論しました。 「MimbleWimbleを使用してすべてのトランザクションを実行できるので、大量のデータを圧縮...

Read More

巨大なVeChain ThorPayの発表に追いつけます

VeChainはセーフヘイブンによる最新のアナウンスの結果として、急上昇しました。VeChainThorブロックチェーン用に構築された新しいAtom Transactions ProtocolであるThorPayの発売を予定しています。 Atomic Transactions Protocol(ATP)は、契約ベースの配布を単純にするために存在するシステムを表すために使用される用語です。ATPは、ブロックチェーンテクノロジー内での「使いやすさ」の文化を実際に奨励している高度なブロックチェーンシステムのもう1つの例です。 このようなシステムは将来的にVeChainプロジェクトをはるかに採用しやすくするでしょう。 Safe Haven(セーフヘイブン)は誰ですか? Safe Havenは企業が他の企業や顧客とも連携できるように設計されたブロックチェーンプラットフォームを構築する分散型の基盤です。 Safe Havenは開発者とビジネスマインドと金融専門家のチームを使用して、他のブロックチェーン企業の拡張を容易にすることで、他のブロックチェーン企業をサポートすることを目指しています。 ウェブサイトによって: 「私たちはコミュニティ、開発者、起業家、相続財産、信託の専門家、そして既存の金融サービス会社にプロトコルを公開します。それらの会社は私達のプロトコルを利用して、それぞれの影響範囲の顧客に提供される彼ら自身の金融サービスと相続商品を作成することができます。その結果、特許取得済みのセーフヘイブンプロトコルは、中小企業からグローバル企業まで、そして何百万人ものエンドユーザーによって、世界中のサービスプロバイダによって採用されることができます。」 このプロトコルには新しいThorPayシステムが含まれます。 ThorPayとは何ですか? すでに述べたように、ThorPayはVeChainThorブロックチェーン用に構築されたシステムです。...

Read More