Hot Topics
Coin Gecko

Advertisement

暗号通貨取引がWhatsAppで利用可能になりました

 
暗号通貨取引がWhatsAppで利用可能になりました
Breaking News /

あなたはおそらくWhatsAppについて聞いたことがあるでしょう。これは今日で最も人気のあるアプリの1つで、無料で使用でき、クロスプラットフォームであり、世界中で何百万ものユーザーによって使用されています。さて、私たちは何百万人と言っていますが、実際には、180カ国の10億人以上の人々がこのアプリを使っています。

Lite.Imボットのおかげで、メッセージングアプリケーションのユーザーは暗号通貨を送受信できるようになります。当分の間利用可能な暗号通貨は2つしかありませんが、システムが勢いを増し始めると仮定すると、他のデジタルトークンが参加すると予想されます。

この新機能は、Bitcoin, Litecoin と暗号通貨を主流のオーディエンスにもたらすのに役立ちます。みんなが伝統的なお金を扱うのと同じ方法で通貨を使うことを可能にすることにおいて。

発表はZulu Republicの公式Twitterアカウントで行われました。

@liteim_official を介して#WhatsApp#bitcoin#litecoinを送受信できるようになりました。 https://t.co/JaldSafGBK @FranklynCrypto @SatoshiLite @CharlieShrem @CCNMarkets @GLRalf

- Zulu Republic (@ztxrepublic)2019年5月19日

新しいシステムを体験してみたいという人には、Lite.IM WhatsAppボットを追加して画面の指示に従う必要があります。暗号通貨取引を許可する以外に、このアドオンは他にもさまざまな便利なオプションを提供します。

Cryptimiによって報告されたように:

「ユーザーは紹介プログラムを通じて暗号通貨を稼ぐことができ、BitcoinまたはLitecoinからデフォルトのコインを設定できます。また、選択した言語とパスワードを使ってカスタマイズすることもできます。」

近い将来、システムはEthereumとZulu自身のトークンであるZTXの転送も許可するでしょう。

You can share this post!